ライブラリ制度とオリジナリティと。

コンピュータ将棋協会ブログ
http://www.computer-shogi.org/blog/solicit_opinions_about_library_rule/

駒得少年の冒険
http://www.sgtpepper.net/kaneko/diary/20090816.html#p01

GA将!!!作ってます
http://d.hatena.ne.jp/streakeagle/20090817

小宮日記
http://d.hatena.ne.jp/mkomiya/20090818/1250526353

あたりで、話題になりつつありますが。


「ライブラリとは何か」という定義もはっきりしないといけない気がします。
個人的には、小宮さんのfv.binをBonanzaのまま使った場合にはライブラリを使用したことにはならないという立場には、異議を唱えたいところです。
ライブラリの規定上はOKなのかな…なんとなくグレイゾーンのような気がしますが。
定跡データは思考の一部とみなされないというような話が以前にありましたが、評価関数のデータは思考の一部を構成していると言えないかなぁ…。


私個人の思うところは、

・今ライブラリ制度をなくしたとしても、BonanzaGPS将棋がソースを公開している以上、勝手なコピーの危険性はなくならない。
・市販品のバイナリのコピーを持ち出す可能性もある。

あたりの抑止のために、金子さんが駒得少年の冒険で述べた、思考ログの開示あたりがオリジナリティを保障する、現実的な回答に成り得るかなぁと思います。
ただ…個人的には、KCC将棋が嫌がるんじゃないかという予想もあるのですが(^^;

ところで…アンケートの存在を知ってしまったら、CSA会員とか選手権参加者でなくても意見を書き込んでもいいんでしょうかね?