実は大変なことに…。

えーと。
その。
どこまで書いていいのか、も分かりませんが…。
今まで通ってきた精神科/心療内科のかかりつけの病院…まぁ、入院先じゃない方…が。
休院…もしかすると廃院…になりそうな雰囲気です。

先々週の月曜ですから、4月25日、ですか。
病院に行ったら、閉まっていて…しばし呆然としていたら、中から看護婦さんや医療事務のお姉さんが出てきて。
朝1で、先生が急病、との連絡が入ったっきり、先生と連絡が取れない状態、ということが分かりました。
いつ病院を再開できるのか、まったく分からない状態、というわけで…。

薬が切れると仕事が出来なくなる可能性が非常に高いので、近所の精神科を少々回ってみたのですが、先生が倒れているということは、紹介状やら今までのカルテも手に入らないということで…必然的に、初診扱いになるのでした。

まともな病院だと、まぁ初診は診察に1時間くらいはかかりますんで、1ヶ月以上先まで予約が取れず…(撃沈)。

大学時代の後輩筋が精神科で開業医をやっているのですが、専門が違う(鬱病とか軽い病気…<というと語弊がありますが…統合失調症とかある意味重い病気でそういう方が専門)のと交通がいまいち不便なので、仮に何か役に立って貰うとしたら紹介状を書いて貰うくらい、かなぁ…と。

後は、入院先にカルテがあるはずなので、入院先からカルテと紹介状を取り寄せる位の手は考えられますが、多分にこれにも2週間とか3週間とかの期間がかかりそう…。

そんなわけで、結構八方塞なんですが、まぁ、薬だけはかかりつけの内科の先生に、ちょっと無理をお願いして処方箋を書いていただいて。
…まぁ、あと、1週間分位は薬が持ちます。

薬が切れたらどうなるのかは、正直、今の体調とか精神状態だと、未知数、っていうところですね。
欝の症状は非常に大人しくなっているので、抗欝剤が切れるのはまぁそんなには怖くないです。
離脱症状があるからイヤだけど。)

季節の変わり目で、自律神経失調の方の症状はかなり重く…正直、今処方されている薬では追いついていない感じ。
でも、これの薬の加減を調節するには、とにかく精神科/心療内科に行くことが必要で。
…初診は1ヶ月待ち、という話に戻るのでした。

こういう時は、「個人病院って怖いなー」とか思うんですが。
実は大学病院とか完全予約制、予約ないと診察不可、みたいな「がちがちの」ところには多分私は通えないんですよね…。
 <リズムを整えられないんで…調子の良い日の空き時間をうまく使わないと通院できない…。

と、言うわけで。
病院を探すために、得意先から休暇を頂いていたのですが。
それも、今日でお終い。



6月いっぱい位までに、病院見つけました、とか、元の病院が営業を再開しました、とか、そういう記事をもしも書けなかったとしたら。
手っ取り早いのは、再入院。
でも、正直、お金なくて無理(苦笑)。


野垂れ死に、かぁ。

若い頃、憧れてた、けれど。
他人に殺されたくて、危ない橋も色々と渡ってみた、けれど。


この歳になると、背負っている荷も色々あって。

そう簡単にも死ねない、よなぁ…はは。


病院…見付かると、いいですね。