あれから10年、あれから半年…

距離的にも遠く、そして、遠くの世界の出来事にしか思えなかった、アメリカでのテロから10年。
距離的にもすぐ近く、自分にも影響がある範囲、実際に影響がある、それなのに未だにどこか遠くの世界の出来事のように感じられる、東日本大震災、そして福島第一原子力発電所事故…から半年。

正直、東北地方の復興が、こんなに遅れるとは思っていませんでした。
原発の事故の方は、大体私が最初に想定した通り位のペースで進んでいるようです。(これからがまだまだ大変なのではありますが…。)

しかし…怖いくらい実感がない。
第二の故郷…は言い過ぎにしても、第三の故郷、なんですけれどもね…。<私にとっての福島県

正直、自分が「実感を全くと言っていいほど持てない」ということが私にとっては「一番怖い」ことだったりします。
実際に被災された方以外、皆がこんな気持ちだったら? とか想像すると「ものすごく怖い」です…。

実際にこの半年間の間、今までに自分がしたことも、義援金の募金箱に1万円札を1枚入れた、本当にただそれだけ、ですから。