何か眠れない…。

今日は正午に(自宅から出来るけれど)サーバーの設定の切り替えとかあるのに、なぁ…。

タイミングを何か微妙に外して眠れない…(--;

26日(既に昨日)の話になりますが…
22:30にマイスリーレンドルミンロヒプノール …で、まぁいつもならこれ位で眠れるのだけれど、何かタイミングが悪くて…(--;
23:15頃にやっと眠りかけたところを起こされるような流れにたまたまなってしまったというか何と言うか。

仕方がないので起きちゃったところで、ヒルナミン5mg追加…しようと思ったのだけれど、「飲まないでも眠れるでしょ?&飲んだら明日起きられないでしょ?」と止められて。
いや、遅くに飲むことになればなるほど、起きられなくなる可能性が高くなってしまうから、出来るだけ早めに飲みたいんですが…(泣)。
 <最初っから飲んでおけば良かったorz

…で。結局、眠れなくて。
23:45位に諦めてヒルナミン5mg追加…したけれども、既に前に飲んだ薬がほとんど効果切れ。
 <ベンゾジアゼピン系の薬は多分いい加減に耐性が出来ちゃっている&マイスリーハルシオンから切り替えてから結構経つのでいい加減耐性が付いてしまっていると思う。

で、タイミングがさらに悪いことには、その後に下痢が始まると言う(--;

まぁ、何と言うか。

もう1:30とかになっているわけで。


眠れないと困るんだけど、なぁ…。




で、眠れない理由もいくつか心当たりがあって。

まずは、今日、ちょっと中途半端に放り出して帰ってきた仕事があるんですけれども…実は予備調査だったんですが、その調査過程で見つけたデータが、何と言うか、クレジットカードの不正利用の匂いがして(--;
カード番号のデータベースを調べると、JCBのカードなんだけれども、アメリカで発行されている(JCBUSA発行)…らしい。
でもって、カードの名義と、送り先の名前が合ってない。
苗字は一緒(…正確には、「一緒かも知れない」の方が正確ですが。カードの名義はローマ字で、送り先の苗字は漢字なので、「自然に読めば同じ苗字に見える」。)だけど、下の名前が違う。うーん。稼いでいる誰か(親とか兄弟姉妹とか配偶者とか)のカードの名義で買い物をしている…という見方が一番素直、なんですけれど、ね…。でも、何と言うか、ちょっと決済金額が大きいなぁ、と。
どうしようかなぁ…とか思っている間に時間切れ。
 <いや、まぁ、そこで時間切れにしないでもっと遅くまで頑張ると言う選択肢もありましたが。


それから、最初にあげた、正午からの作業の件。
うまく行かないと色々面倒なことになるので、結構必死です。
事前準備も実はこないだの3連休使って大分頑張ってました。
が。
計算外のトラブル。
私が切り替えた後に、また別のサーバのプログラムの変更をしないとならないのですが…私はどこをどう変更すればいいのか知らないのですが(まぁそういう役割分担なので仕方ない)、プログラムの変更を行うはずの人に今日…じゃない、昨日から何故か連絡が取れない…。
明日、じゃない、今日、どうなるんだろう…。


さらに、先々週末の話になりますが、祖母が転んでしまい、足の骨(大腿骨転子部)を折りまして。救急車で運ばれまして。

でも、まぁ、無事、先週には手術も終わり、今はリハビリに励んでいる(はず)なのですが、まぁこう…色々と心配で。
祖母にとっては、94歳にして、産まれてから初めての入院生活。
で、祖母の入院に対しての「常識」は、20年以上前で停止中。
いまどき、大きな病院で、誰か身内が泊り込みでお世話…とか「まずありえない」。
 <防犯やその他色々な問題を孕んでいますから。
でも、祖母は「誰も泊まり込まない」のがご不満なご様子…(--;
いや、まぁ、病院の許可とか取れば多分泊り込みとかも出来ないことはないですが…ねぇ…。
私は怪我やら病気やらで何回も(「何回も」したくはないモノではありますが)入院してますが…泊り込みでお世話とかされたことないし。

あぁ、そう、私は、扁桃腺の除去手術の終わった晩には、独りで血を吐いてました(苦笑)。
ナースコールで、「すみません、血を吐くお盆がいっぱいになっちゃったので、替えを下さい」とか頼んだ記憶が(苦笑)。
もっとも、ちゃんと声が出ていないので聞き取って貰えなくて(苦笑)、部屋にまで来てもらった看護婦さんに声と身振り手振りでお願いすることになりましたが。

…とか、自分の入院話は基本、過去系なので「もはや笑い話」という主観なのですが…祖母のは、なぁ…。
入院していること自体も不安ですが、退院後も不安…。
退院するまでに、どれ位、歩く力を取り戻せるのかな…。


で。
最後になりましたが。
精神科、結局、大病院に通い始めることにしてみました。
初診が28日…明日、です。
これが実は一番落ち着かない原因なんじゃないかなぁ、とか思います。
やっぱり、病院キライなんだな、私…。

でも、少しは病状をまとめておかないと、なぁ。

病歴…的なモノ
・社会人生活10年目の2003年8月、鬱病と診断される。
・その後3ヶ月くらいをほとんど眠って過ごす。
・その後9ヶ月くらいでどうにかこうにかまともな社会人の生活リズムを取り戻し、2004年9月1日から会社に復帰。
・でも結局色々とあってリズムを保てず、2005年5月に退社。フリーランスに。
・会社の部長(直接の上司であったことはない)の紹介により、かなり良い条件で契約出来る顧客と巡り合う事ができ、ほぼそこに専任(今も継続中)
この辺の経緯は、http://d.hatena.ne.jp/usapyon/20060524 によくまとまっています。

現在の状況
・いわゆる『鬱』という状態からはほぼ回復。ただし、調子の波が落ちると多少問題アリ。
・微熱&低体温。特に低体温時には、寒くて死にそう(--;
・下痢と便秘の繰り返し。ただし、コロネルを飲み始める前よりはマシ。
・原因不明の背筋痛。肩凝りの酷いのだと思って貰えればそんな感じ? ただし、精神的なモノと関係ない可能性もアリ。
 酷い時には背筋のみでなく、あちこちが「触られるだけで痛い」状態に突入。この状態に入ると、布団の上で横になるだけで痛い…(泣)。
・急に立ち上がると立ち眩み。ただし、特に低血圧であったりとか、貧血であったりはしない。
・原因特に不明のリンパ腺の腫れ。ただし、精神的なモノと関係ない可能性もアリ。
・ごくごく稀に幻聴。比較的はっきり聴こえる。今日聴こえた声…というよりも、むしろ感覚的には脳内で何かが再生されているイメージ(音が鳴っていないのは自覚しているので)なんですが、聴こえたのは「ろくごーごーさんさんごーろく」…6553356?65536でもないし、65535でもないし、3が繰り返されているし、何とも中途半端な音。
 もしかして、どこかの電話番号?
・ごくごくごくごく稀に幻視?幻覚?かなりはっきり見える。
 これは2パターンあって、「星が飛ぶ」系の「脳内で再生されているんだか、現実に見えているんだか区別が付かない系」
  <明らかに星が飛ぶのが見えている時に見えているのは多分眼の中を通る血球。
 もう一つは、「人の顔や姿が見える」系の「明らかに脳内イメージが再生されている系」。
 こっちはまぁ、ありえないところにありえないものがはっきりと見えるんで…明らかに脳内の記憶が再生されているんだろうなぁ、と。
 後者のパターンは、音も伴うこともアリ。

…こんなモノかな。
何か準備が出来た感があるので、これで眠れる…でしょう、多分。