切り分け作業

何かがおかしい。

というわけで、色々調べて見る。
切り分けて見ないと分からないから。


そして、切り分け中に気持ち悪くなる。
切り分けた先に、「自己責任」という壁が待っていたり。
いやいや、そう言われても…という感じで。
…例えるなら、お花畑を歩いていたつもりだったのに、実は戦場にいました、と知らされるような感じ。
一方で、敵を知ることで、己の甘さを知らされたり、そもそも私も敵側にいるようなモノだよねぇ…とか、妙に敵側の思考に陥ったり。
いやいや、世の中はゼロサムゲームじゃない、って前にも書いただろ、私。
でも、今は、どこの誰を信じればいいのか、分からん。


で、いつ、何が起きたのか?
ログが残っていないために、ワケが分からないこともある。
一方で、ログにエラーとか警告ばかりが大量に乗っていても、これはこれで困る。
その警告は、通常の運用で発生するようなモノなのか、本当に問題があるのか…?
ログの取り方も考えないといけないし、ログの監視方法も整備しておかないとダメだ。


「分からない」は怖い。
「分かる」と怖くないこともある。
でも「中途半端」に知っていると、もっと怖い目を見たり、妙に疑い深くなることにもなる。
「中途半端」でその場をやっつけておいて、後で見直すと、ダメじゃん、これ…ということも良くある話で。
見直すと、自分で自分が釣り上がる…。


いや、やっちゃったね、私。
自己負担、自己責任、これは難しいよ。


今回、しかし、これだけは間違いなく言える。
自分を信じられないと、他人も信じられないし、ましてや、顔を合わせた事も無い他人を信じて、前へ進む事は難しい。


しかし、自分を信じるために、自分を見直したら、自分の脇の甘さに気が付くとか…ある意味、ダメ過ぎる。
問題点・課題点・現在進行形で進めないといけないこと、いっぱいあり過ぎてダメ。


ちょっとだけでも休まないと。
一方で、休むと取り残される、という恐怖もあるんだけど…。